ダンボール?段ボール? ~ダンボールのはじまり~

各家庭に1つはあるといってもいいダンボール。箱のまま使われたり、畳まれた状態だったり、何か別の用途に使われていたり、意識して見渡してみると思った以上にみつかると思います。

ダンボールはこれ以上ないほどシンプルなつくりで、すっかり私たちの生活に馴染んでいますが、いつ頃から使い始められたのか、最初から今の形だったのか、少し気になってきましたので調べてみることにしました。

 

ダンボールのルーツは19世紀(1856年)にイギリスでの発明に由来します。

シルクハットが蒸れて蒸れて困った紳士が、昔の貴族が着ていた服の襟元がヒダヒダになっていた(音楽室に貼られていた作曲家の写真を思い出してください)ことをイメージしてシルクハットの内側に波状のものをつけたのが始まりだそうです。

波状の紙を包装材として初めて使ったのはアメリカ人、1871年頃だそうで、それからいろいろと工夫を重ねて今の「ダンボール箱」が誕生したのが1894年、日本では明治中頃にあたります。

 

ダンボールはそのまま日本に輸入されて広まったのかというと、実はそうではないのです。

同じ頃日本でも「なまこ紙(がみ)」という波状に折った厚紙はあったそうで、電球や化粧びんの包装に使われていました。現在のダンボールの真ん中の部分だけというような紙で、今でも時々見かけることがあります。

紙なので時間が経つと波状が伸びてしまうため、あまり使われていなかったものを試行錯誤の結果、波状を固定することに成功しました。これが日本におけるダンボールの起源です。

まだこの段階では板状の紙だったのですが、今のおなじみの箱になったのは1914年(大正3年)のことです。

 

段のついたボール紙だから「段ボール」です。「ボール」の部分は英語の「ボード(board=板)」が「ボール」に聞こえたためそう呼ばれるようになり、今に至ります。

つまり、正式には「段ボール」ということになりますが、今では「ダンボール」の方が定着しています。

 

ダンボールの起源がシルクハットというのもびっくりですが、日本でダンボール箱ができてから100年、今も変わらずに大活躍しているのですから、とても画期的な発明だったことがわかります。